グッジョブかごしま

ジョブサポ便り

ヤングハローワークかごしまの担当者コラム。企業選びのこつや自身のアピール法などをアドバイスします。

やりたいことを考える

(2019-04-02)
 「Will-Can-Mustの三つの輪」をご存じですか。「Will=やりたいこと」「Can=できること」「Must=仕事・やらなければならないこと」の三つが重なり合う部分から、自分のキャリアの方向性を考える自己分析の手法です。
 就職活動が進むにつれ、面接対策の相談も増えてきました。まずは、この三つの輪を使ってこれまで企業研究で得た情報を整理しましょう。特に面接に備えては、やりたいことより「Can(できること)とMust(仕事)」にしっかりと目を向けましょう。業界や企業を選ぶ際は、どうしても華やかな部分や楽しそうな面に目が行きがちです。しかし、採用する側は「やらなければいけない『仕事』が『できる』か」という視点で学生との面接をします。
 自分が何をやりたいかだけ話しても、面接官を納得させられませんね。また、自分自身もそれだけを考えていたら、入社後のギャップに苦しむかもしれません。仕事で「やりたいこと」とは、できることを仕事や求められている役割に取り組み、積み重ねる中で成果が上がり、貢献していると実感できることではないでしょうか。
 もし皆さんが思っているやりたいことが自分が得たいことになっていたら、面接官の心は動かせません。三つの輪の中心に重なる部分が自分の目指していることであるか、それぞれ書き出してみましょう。
[記事一覧]
2019/10/01 本紙掲載
2019/09/17 本紙掲載
2019/08/20 本紙掲載
2019/08/06 本紙掲載
2019/06/18 本紙掲載
2019/06/04 本紙掲載
2019/04/16 本紙掲載
やりたいことを考える
2019/04/02 本紙掲載
[過去の記事一覧]
出会いが未来をつくる
2019/03/19 本紙掲載
明確な目的、達成目標を
2019/03/05 本紙掲載
自己管理方法の準備を
2019/02/19 本紙掲載
変化への対応力養おう
2019/02/05 本紙掲載
スマホ活用し自ら判断
2019/01/15 本紙掲載
自分らしい働き方とは
2018/12/18 本紙掲載
今の自分を掘り下げる
2018/12/04 本紙掲載
“知る機会”を増やそう
2018/11/20 本紙掲載
企業の内部環境見よう
2018/11/06 本紙掲載
業界を「PEST」分析
2018/10/16 本紙掲載
将来の働き方考えよう
2018/10/02 本紙掲載
資格より人柄伝えよう
2018/09/18 本紙掲載
先読みで就活に余裕を
2018/09/04 本紙掲載
企業研究は3点を意識
2018/08/21 本紙掲載
インターンで自己成長
2018/08/07 本紙掲載
自分と向き合う機会を
2018/07/17 本紙掲載
働く力測る 国語、数学
2018/07/03 本紙掲載
エピソードは質が重要
2018/06/19 本紙掲載
働く目的、自分の言葉で
2018/06/05 本紙掲載
売り手市場の真の意味
2018/05/15 本紙掲載
地元の今後に目向けて
2018/05/01 本紙掲載
なぜこの仕事か明確に
2018/04/17 本紙掲載
企業との接点伝えよう
2018/04/03 本紙掲載
働く意義を考えよう
2018/03/20 本紙掲載
「3C」考え企業分析を
2018/03/06 本紙掲載
事前に質問まとめよう
2018/02/20 本紙掲載
学外での経験増やそう
2018/02/06 本紙掲載
意識的に見識深めよう
2018/01/16 本紙掲載
譲れないことを明確に
2017/12/19 本紙掲載
ESは行動特性示そう
2017/12/05 本紙掲載
「働きやすさ」を調べて
2017/11/21 本紙掲載
やることの一覧作ろう
2017/11/07 本紙掲載
中小企業の魅力知って
2017/10/17 本紙掲載
展示会参加チャンスに
2017/10/03 本紙掲載
企業の目標に共感して
2017/09/19 本紙掲載
何事にもチャレンジを
2017/09/05 本紙掲載
自分知り脱ミスマッチ
2017/08/15 本紙掲載
過去学び未来考えよう
2017/08/01 本紙掲載
地場産業に目を向けて
2017/07/04 本紙掲載
主体性持ち取り組んで
2017/06/20 本紙掲載
「情報の宝庫」活用して
2017/06/06 本紙掲載
社員の生の声を聞こう
2017/05/16 本紙掲載
自分の行動掘り下げて
2017/05/02 本紙掲載
「知りたい」に応えよう
2017/04/18 本紙掲載
「入社後」イメージして
2017/04/04 本紙掲載
(過去の記事は南日本新聞モバイルサイトでご覧になれます)