グッジョブかごしま

うちのカイシャ

鹿児島県内でキラリと光る中小企業を取り上げ、そこで働く中堅社員が業務内容や働きがいなどを紹介します。

さつま揚げを国内外へ 有村屋・後藤 健一さん(40)

(2019-06-04)
「異物混入などないよう、一つ一つの作業を丁寧にと心掛けている」と話す後藤健一さん
 1912年の創業以来、さつま揚げやかまぼこなど水産練り製品を作る。野菜入りや薫製仕上げなど約60種類ある。
 魚のすり身を混ぜ合わせて調味し、製品のベースを作る練り工程に携わる。「サイレントカッター」という直径1.5メートルほどの円形機械の中央部に冷凍すり身を次々投入し、回転させて塊を砕きつつ練り合わせていく。摩擦熱で熱くなるのを抑えるため、時々氷を加える。硬さを手で確かめながら、氷や水の量で調整する。「軟らかすぎると、揚げた際に膨れてしまう。気温によっても微妙に状態が変化し、一定にするのはなかなか難しい。思い通りにできた時が一番うれしい」

■会社データ
・所在地 鹿児島市南栄3の24の5、郡元2丁目に直営販売所の郡元本店
・業務内容 水産練り製品製造
・設立 1912(大正元)年
・資本金 1000万円
・売上高 8億9000万円(2018年7月期)
・従業員 64人(男21人、女43人)
・平均年齢 49歳
・平均勤続年数 20年
・離職率 57%(15~17年度新卒)
・勤務時間 午前8時半~午後5時、日祝休み、月1回指定日休。
・有給休暇の平均取得日数 5日(18年度)
・月平均所定外労働時間 13時間(18年度)
・育児休業取得率 男0%、女100%(18年度)
・新卒採用者数 女1人=高卒(19年度)
(記事全文は6月4日付南日本新聞モバイルサイトでご覧になれます)
[過去の記事一覧]
2019/01/15 本紙掲載
2018/12/18 本紙掲載
2018/12/04 本紙掲載
2018/11/20 本紙掲載
2018/11/06 本紙掲載
2018/10/16 本紙掲載
2018/10/02 本紙掲載
2018/09/18 本紙掲載
2018/09/04 本紙掲載
2018/08/21 本紙掲載
2018/08/07 本紙掲載
2018/07/17 本紙掲載
2018/07/03 本紙掲載
2018/06/19 本紙掲載
2018/06/05 本紙掲載
2018/05/15 本紙掲載
2018/05/01 本紙掲載
2018/04/17 本紙掲載
2018/04/03 本紙掲載
2018/03/20 本紙掲載
2018/03/06 本紙掲載
2018/02/20 本紙掲載
2018/02/06 本紙掲載
2018/01/16 本紙掲載
2017/12/19 本紙掲載
2017/12/05 本紙掲載
2017/11/21 本紙掲載
2017/11/07 本紙掲載
2017/10/17 本紙掲載
2017/10/03 本紙掲載
2017/09/19 本紙掲載
2017/09/05 本紙掲載
2017/08/15 本紙掲載
2017/08/01 本紙掲載
2017/07/04 本紙掲載
2017/06/20 本紙掲載
2017/06/06 本紙掲載
2017/05/16 本紙掲載
2017/05/02 本紙掲載
2017/04/18 本紙掲載
2017/04/04 本紙掲載
(過去の記事は南日本新聞モバイルサイトでご覧になれます)