翔べ和牛 鹿児島全共
■関連ニュース
 JA鹿児島きもつきは28日、全国和牛能力共進会(全共、10月6~10日)に向け、県代表出品者を激励する壮行会を開いた。…
10月2日 12:30

 和牛のオリンピック・全国和牛能力共進会(全共)=10月6~10日=まで1週間を切った。メイン会場となる霧島市牧園では「…
9月30日 22:14

 九州経済研究所(KER、鹿児島市)は、10月に鹿児島県で開催される全国和牛能力共進会(全共)の来場者により、43億60…
9月29日 10:03

■特集
 えとが寅(とら)に代わろうが、鹿児島の主役は今年も牛だと言いたい。10月には「和牛のオリンピック」といわれる全国和牛能…
1月1日 11:05

 2022年に鹿児島で開かれる全国和牛能力共進会(全共)。「和牛のオリンピック」といわれ、第12回となる鹿児島大会は22…
10月7日 10:13

 鹿児島県産牛は初出品となった第2回大会以降、1席(各審査区分の最上位)獲得を逃したことがない。発育と肉質が良く、丈夫な…
10月7日 10:11

■連載-持続への挑戦
 「これが来月出荷する予定の牛です。どうです、立派なものでしょう」。6月中旬、鹿児島県畜産試験場(霧島市)。肉用牛研究室…
6月28日 11:00

 柱に設置されたデジタルサイネージに、真っ白な霜降りが映えるステーキ肉の写真が映し出される。多くの客が利用する福岡市地下…
6月27日 11:00

 牛肉の品質を表す格付けは、歩留まりと肉質を組み合わせた規格をもとに決まる。特に重視されるのはサシ(脂肪交雑)で、多いほ…
6月26日 11:00

■連載-海を渡る
 和牛の輸出が好調だ。国は「2030年までに輸出額を(21年実績の約6倍にあたる)3600億円に伸ばす」との目標を掲げて…
6月15日 11:00

連載【翔べ和牛 第5部 海を渡る②】 「これが輸出向けに開発した新しい商材。ステーキ用だけではなく、しゃぶしゃぶなどに使…
6月15日 10:59

連載【翔べ和牛 第5部 海を渡る③】 食肉処理・加工のスターゼンミートプロセッサー(SMP)阿久根工場では今、ビーフセン…
6月15日 10:58

■連載-地球と歩む
 牛舎内に囲い、輸入穀物を配合した栄養価の高い濃厚飼料で育てる。美しい霜降り肉を作るための一般的な肥育方法だ。対して、昔…
5月12日 11:30

 5月上旬、出水市で子牛生産から肥育まで手掛ける一貫農家、前田好宏さん(61)のもとを訪れると、牛舎の脇にビニールでラッ…
5月11日 11:00

 「急に牛がたたかれるようになってしまった」。栃木県大田原市でホルスタインを肥育する前田牧場の齋藤順子さん(50)は、悲…
5月10日 11:07

■連載-A5神話
 サシ(脂肪交雑)重視の和牛の格付けにとらわれない肥育農家を訪ねるため、宮崎へ向かった。 西都市にあるミート工房拓味(た…
4月3日 11:07

 3月6日夜、鹿児島市の武元美保子さん(57)宅はにぎやかだった。離れて暮らす娘2人がやって来て、家族水入らずでしゃぶし…
4月2日 11:07

 最上位のA5等級に代表される和牛の霜降り肉は、きめ細かくサシ(脂肪交雑)が入ったさまから「芸術品」に例えられる。 これ…
4月1日 11:07

■連載-産地はいま
 子牛価格の高値にあえぐ和牛肥育農家は、海外発の荒波にももまれる。餌になる穀物の国際相場が急騰しているのだ。 肉の風味や…
3月9日 11:07

 2月上旬、さつま町の薩摩中央家畜市場。子牛を買い求める県内外の肥育農家たちで緊張感がみなぎる。コロナ禍でインバウンド(…
3月8日 11:07

 和牛農家の後継者が農業法人に就職するケースがここ10年、鹿児島県内で増えている。先進の技術やノウハウを学ぶのが大きな理…
3月7日 11:13

■連載-王国の礎
 きめ細かい霜降り(サシ)が入った和牛肉は見た目にも食欲をそそる。ところが売れ行きはさえない。 鹿児島市のスーパーをのぞ…
1月16日 12:50

 京都の老舗精肉店「笠庄(かさしょう)」が競り落とした和牛を作った冨永孝一さん(77)=いちき串木野市=に会うため、日置…
1月16日 12:40

 京都市中心部の四条通にある「モリタ屋四条猪熊本店」は、すき焼きを看板メニューにする。昨年末に訪ねると、約100席の店内…
1月16日 12:30