高校生に聞いた「コロナ下の新学期」 思い複雑「時差登校って有効?」「体育祭 家族に見てほしかった」

 2021/09/06 12:40
子どもの新型コロナウイルス感染が広がる中、2学期が始まった。時差登校、体育祭…高校生はどう思う?
子どもの新型コロナウイルス感染が広がる中、2学期が始まった。時差登校、体育祭…高校生はどう思う?
 子どもの新型コロナウイルス感染が広がる中、鹿児島県内の学校で2学期が始まった。南日本新聞「こちら373」が新学期への意見を8月末に募集したところ、高校生から多くの声が寄せられた。3年間のうち既に半分をコロナ下で過ごす高校生。オンライン授業など感染防止対策の充実を求める意見のほか、体育祭など学校行事への複雑な思いが寄せられた。

 9月は体育祭や文化祭など行事が多い。県教委は鹿児島市、霧島市、姶良市の県立高校などに対し、「まん延防止等重点措置」適用期間である12日までは体育祭や文化祭を実施しないよう通知した。

 だが、鹿児島市の県立高校に通う2年男子は「体育祭の予行演習は体育館。ほとんどの生徒はワクチン接種を終えておらず、感染の可能性は高い。マスクをするので熱中症の危険もある」と不安を感じている。

 体育祭の中止を決定した学校があるほか、延期開催を模索する学校は無観客や規模縮小などの対策を取る。私立高校3年女子は「最後の体育祭は親に見てほしかった。学校の苦労は分かるが、学年ごとの開催など手はないのだろうか」と残念がる。大隅半島の高校3年生男子は「編成場が密になるという理由で中止になる競技があるのに、フォークダンスはある。よく分からない」と不満を漏らした。

 時差登校などの対策の効果を疑問視する声は多い。鹿児島市の県立高校3年男子は「校長先生はリモートで話をするが、自分たちは教室に40人。矛盾がある」と訴える。

 鹿児島市の県立高校2年女子は「クラスを二つに分けているが、教師は1人なので一方はオンライン授業。通学して集団でオンライン授業を受けるより、自宅でオンライン授業を受ける方が感染防止の効果はある」と指摘。自主登校の選択肢を求める声もあった。

 「校内でもっと情報を共有してほしい」というのは同市の高校2年男子。「最近は感染者が出ても、うわさでしか伝わらなくなった。誹謗(ひぼう)中傷を防ごうとの狙いは分かるが、余計に不安をあおることになってはいないか」と、正確な情報発信を求めた。
〔こちら#373〕最新ニュース 5 件
 新型コロナウイルスの感染が落ち着く中、今年の忘年会の予定を南日本新聞の「こちら373(こちミナ)」で聞いた。職場の忘年…
11月28日 09:00

 政府が19日閣議決定した、年収960万円の制限を設け18歳以下の子どもを対象とする10万円相当の給付について、南日本新…
11月21日 12:00

 夕暮れになると市街地の街路樹などに集まるムクドリ。鳴き声やふん害に悩まされているという声が絶えない。姶良市では鉄塔をね…
11月15日 08:43

 衆院選の期日前投票は一部地域を除き、各市町村の庁舎などで30日まで受け付けている。「比例代表の投票の仕方がよく分からな…
10月28日 12:40

 どちらも民主党、おかしくない?-。衆院選の期日前投票をした霧島市の読者から「立憲民主党と国民民主党の比例代表の略称がい…
10月22日 11:05

LINEから情報提供

以下のボタンからLINEで友だち追加して、メッセージを送ってください。アンケートなども実施します。

フォームから情報提供

以下のボタンから専用フォームへ行き、メッセージを送ってください。

ファクスから情報提供

ファクス:099-813-5174

郵便から情報提供

〒890-8603

鹿児島市与次郎1-9-33

南日本新聞社「こちら#373」係

【おことわり】

 すべてを取材できるわけではありません。公共性に乏しいと思われるケース、裁判で係争中の案件など、報道機関として取材するのが困難な場合もあります。ご理解ください。

 取材のために記者が返信する場合があります。取材源は秘匿しますのでご安心ください。