引っ越さない理由「乗り入れ料」? 鹿児島駅前の新バスロータリー、1社だけ停留所は離れた昔の場所に

 2022/04/09 21:15
行き先別に設けた共同停留所から離れ、従来の位置に立つ鹿児島交通バス停=鹿児島市浜町
行き先別に設けた共同停留所から離れ、従来の位置に立つ鹿児島交通バス停=鹿児島市浜町
 「4月1日から、鹿児島駅前バス停が駅前広場内に移ったが、鹿児島交通だけが、少し離れた以前の停留所のまま。バス停が分散して不便」。鹿児島市の男性からこんな声が南日本新聞に寄せられた。鹿児島交通に理由を聞いた。

 同駅周辺は、市が2009年度から総事業費46億円をかけて整備した。駅前広場(約1万平方メートル)は歩行用屋根を備え、ロータリー内に路線バスの乗り場4カ所と降り場2カ所などを設置。乗客の利便性を高めるため、バス停を(1)県庁・谷山方面(2)鹿児島中央駅終点(3)同駅経由各方面(4)国道3号経由各方面-に集約した。

 だが、広場内のバス停に乗り入れたのは市営バスと南国交通、JR九州バス。鹿児島交通は、これまでのロータリーから少し離れた場所にあるバス停のままとなっている。

 買い物帰りに、広場内バス停のベンチに座って同社のバスを待っていた千年1丁目の女性(70)は「バス停が変わると聞いて見に来たが、鹿児島交通は以前のまま。鹿児島交通のバス停はひさしがなく、暑いときや雨の日は重い荷物を持っていると大変」と話した。

 同社によると、市内の路線は主に南部方面。JR利用者は同駅からバスに乗り継ぐより、鹿児島中央駅で乗り継ぐ場合が多く、バス停の利用者は近隣住民が中心という。合理化を進める中、駅前広場内に乗り入れると利用料も発生するため「当面は現行のまま様子を見る。利用者の声も聞きながら、必要があれば検討する」としている。

バスロータリーなど周辺整備が完成したJR鹿児島駅前
バスロータリーなど周辺整備が完成したJR鹿児島駅前

くす玉を割り鹿児島駅周辺整備の完成を祝う園児ら=3月26日、鹿児島市浜町
くす玉を割り鹿児島駅周辺整備の完成を祝う園児ら=3月26日、鹿児島市浜町
〔こちら#373〕最新ニュース 5 件
 鹿児島市西千石町の高見橋横にある「大久保利通像」について「像の足元に馬車夫と馬の像がある、と観光案内のサイトで紹介され…
6月26日 15:00

 利用できるスマートフォン決済アプリは、なぜ「Payどん」だけなの-。鹿児島市が4月に始めたプレミアムポイント事業につい…
6月9日 09:42

 鹿児島市のスポーツ施設「南栄リース桜島グラウンド(桜島溶岩グラウンド)」について、「現在の予約制度は利用しづらい」との…
6月5日 15:16

 「対向車のヘッドライトが明るすぎて運転しにくい。みなさんは困っていませんか」。南日本新聞の「こちら373(こちミナ)」…
5月30日 10:00

 障害や病気がある人、妊婦らが、周囲に支援を求める「ヘルプカード」を持つ鹿児島市内の男性から「あまり知られておらず、使い…
5月22日 08:33

LINEから情報提供

以下のボタンからLINEで友だち追加して、メッセージを送ってください。アンケートなども実施します。

フォームから情報提供

以下のボタンから専用フォームへ行き、メッセージを送ってください。

ファクスから情報提供

ファクス:099-813-5174

郵便から情報提供

〒890-8603

鹿児島市与次郎1-9-33

南日本新聞社「こちら#373」係

【おことわり】

 すべてを取材できるわけではありません。公共性に乏しいと思われるケース、裁判で係争中の案件など、報道機関として取材するのが困難な場合もあります。ご理解ください。

 取材のために記者が返信する場合があります。取材源は秘匿しますのでご安心ください。