市のプレミアムポイント事業 使える決済アプリは1つだけ…一見不公平な仕組みが導入されたわけを聞く

 2022/06/09 09:42
現在、飲食店では数多くのキャッシュレスサービスが利用可能だ=鹿児島市金生町のよかど鹿児島
現在、飲食店では数多くのキャッシュレスサービスが利用可能だ=鹿児島市金生町のよかど鹿児島
 利用できるスマートフォン決済アプリは、なぜ「Payどん」だけなの-。鹿児島市が4月に始めたプレミアムポイント事業について、南日本新聞「こちら373」(こちミナ)に複数の読者から意見が寄せられた。スマホ決済利用者にポイントを還元する事業だが、「(同様の事業を実施した)薩摩川内市は4種類のアプリが使えたのに」の声も。市産業支援課やPayどんを開発した鹿児島銀行に話を聞いた。

 同事業は、登録店でPayどんを利用した翌日に、最大25%のポイントを還元する。Payどん利用で利用額の15%が付与され、夜間利用時は5%上乗せ。県の第三者認証店の場合は、さらに5%が加算される仕組みだ。9月30日までの予定で、ポイント付与予定額(1億5400万円)に達した時点で終了する。

 飲食店を支援するため同様の事業は薩摩川内市でも5月31日まで行われていた。同市はPayどんを含めた四つのスマホ決済アプリが利用可能で、市が指定する店舗で一律30%還元だった。

 薩摩川内市との違いは、対応するスマホ決済アプリの数に加え、第三者認証店への加算の有無だという。鹿児島市産業支援課の高橋卓也課長は「全国的なシェアを考えれば、他のアプリが使えないことに不公平だと感じる人もいると思う」と理解を示しつつ、「県の基準を満たした第三者認証店への支援を加速することも目的。ポイント加算に対応できるのはPayどんだけだった」と説明する。

 Payどんは他アプリと比べて飲食店が支払う手数料率が低いことや、決済額の振り込みが翌日に完了するなど、飲食店にとっての利点が大きい側面もある。市内に複数の第三者認証店を構える竹之下登喜子さん(47)は「手元に現金が必要な飲食店にとって、決済額が翌日振り込まれれば、仕入れなどで頭を悩ませることもない」と語る。

 一方で、Payどんは現在、利用客と飲食店が共に鹿児島銀行の口座を持っている必要があり、他行を利用している人にとっては導入をためらうケースが多いことも想定される。

 また、第三者認証店は鹿児島市内に2296店あるものの、そのうち事業の対象は732店と、約3割にとどまる。利用促進に向けて、高橋課長は「他行の口座も使えるよう、鹿銀に仕様の変更を要望している」と話す。

 サービス主幹の鹿銀営業統括部ITビジネス推進室の川崎正人室長は「他行との口座連携については多くの声をいただいている。飲食店に対する現在のサービス水準を下げずに、県民の需要に応えられるよう、スピード感を持って検討したい」と力を込めた。

鹿児島銀行が独自開発したスマートフォン決済アプリ「Payどん」の画面
鹿児島銀行が独自開発したスマートフォン決済アプリ「Payどん」の画面

〔こちら#373〕最新ニュース 5 件
 鹿児島市西千石町の高見橋横にある「大久保利通像」について「像の足元に馬車夫と馬の像がある、と観光案内のサイトで紹介され…
6月26日 15:00

 利用できるスマートフォン決済アプリは、なぜ「Payどん」だけなの-。鹿児島市が4月に始めたプレミアムポイント事業につい…
6月9日 09:42

 鹿児島市のスポーツ施設「南栄リース桜島グラウンド(桜島溶岩グラウンド)」について、「現在の予約制度は利用しづらい」との…
6月5日 15:16

 「対向車のヘッドライトが明るすぎて運転しにくい。みなさんは困っていませんか」。南日本新聞の「こちら373(こちミナ)」…
5月30日 10:00

 障害や病気がある人、妊婦らが、周囲に支援を求める「ヘルプカード」を持つ鹿児島市内の男性から「あまり知られておらず、使い…
5月22日 08:33

LINEから情報提供

以下のボタンからLINEで友だち追加して、メッセージを送ってください。アンケートなども実施します。

フォームから情報提供

以下のボタンから専用フォームへ行き、メッセージを送ってください。

ファクスから情報提供

ファクス:099-813-5174

郵便から情報提供

〒890-8603

鹿児島市与次郎1-9-33

南日本新聞社「こちら#373」係

【おことわり】

 すべてを取材できるわけではありません。公共性に乏しいと思われるケース、裁判で係争中の案件など、報道機関として取材するのが困難な場合もあります。ご理解ください。

 取材のために記者が返信する場合があります。取材源は秘匿しますのでご安心ください。