新型コロナで修学旅行延期…キャンセル料保護者負担に「釈然としない」 自治体が肩代わりするケースも

 2022/10/30 11:00
修学旅行生でにぎわう西郷隆盛銅像周辺=鹿児島市山下町(写真と本文は直接関係ありません)
修学旅行生でにぎわう西郷隆盛銅像周辺=鹿児島市山下町(写真と本文は直接関係ありません)
 修学旅行シーズン真っただ中、鹿児島県内各地で施設見学を楽しむ児童生徒の姿を目にする。一方、新型コロナウイルス感染の影響で急きょ延期・中止を決める学校も。キャンセル料が保護者負担となり、「釈然としない」との声が「こちら373」に寄せられた。取材すると、キャンセル料を肩代わりする県内自治体もあるようだ。

 文部科学省はコロナの影響で修学旅行や遠足を中止・延期した場合のキャンセル料について、国の「地方創生臨時交付金」が活用できると案内。各自治体で検討してほしいとする。

 鹿児島市内のある小学校は9月下旬、感染拡大による学級閉鎖で翌日に控えた修学旅行の延期を決めた。ホテル代などキャンセル料が発生し、保護者には納入金から差し引くと説明した。

 学校が事前に加入する保険の種類によっては、キャンセル料が補償されるケースもある。ただし今回の事例は保険適用外だったため、各家庭に負担を求めることになった。保護者の一人は「自分の子どもが感染したのなら納得できるが」と支払いに不満を漏らした。

 市教委は、コロナの影響で修学旅行が延期・中止となった場合のキャンセル料について、公費負担の制度は定めていない。だが過去に公費で対応した例もあり、「現在、前向きに検討している」という。

 県内では鹿屋市や奄美市、南九州市などが公費負担に関する要綱を定めており、実際に補助金を出した例もある。いずれの自治体も「保護者の負担を可能な限り軽減する」のが制定理由。財源は同交付金を充てたり、一般財源を活用したりと自治体で異なる。

 2021年度に3校に助成した奄美市教委は「保護者に歓迎されたと理解している」と説明。要綱の効力は同年度だけだったが、「支援希望の学校があれば対応を検討したい」としている。

(別カット)多くの修学旅行生が訪れる西郷隆盛銅像=鹿児島市城山町(写真と本文は直接関係ありません)
(別カット)多くの修学旅行生が訪れる西郷隆盛銅像=鹿児島市城山町(写真と本文は直接関係ありません)
〔こちら#373〕最新ニュース 5 件
 南日本新聞社の読者に「2022年鹿児島十大ニュース」を選んでもらったところ、1位は「鹿児島県『和牛日本一』」だった。2…
12月29日 07:30

 止まらない物価上昇にどんな対策をしていますか? 南日本新聞は「こちら373」の登録者にアンケートをした。鹿児島県内を中…
12月25日 11:00

 止まらない物価上昇にどんな対策をしていますか? 南日本新聞は「こちら373」の登録者にアンケートを行い、鹿児島県内を中…
12月25日 11:00

 鹿児島県内の普通科高校で長年続く“朝課外”への高校生の疑問を紹介した「こちら373」(11月27日付)に、高校生や保護…
12月6日 11:00

 鹿児島県内の普通科高校で長年続く“朝課外”に、高校生から疑問の声が「こちら373」に寄せられた。「任意のはずが強制され…
11月27日 08:30

LINEから情報提供

以下のボタンからLINEで友だち追加して、メッセージを送ってください。アンケートなども実施します。

フォームから情報提供

以下のボタンから専用フォームへ行き、メッセージを送ってください。

ファクスから情報提供

ファクス:099-813-5174

郵便から情報提供

〒890-8603

鹿児島市与次郎1-9-33

南日本新聞社「こちら#373」係

【おことわり】

 すべてを取材できるわけではありません。公共性に乏しいと思われるケース、裁判で係争中の案件など、報道機関として取材するのが困難な場合もあります。ご理解ください。

 取材のために記者が返信する場合があります。取材源は秘匿しますのでご安心ください。