「九州男児」の評価は何点? 男女で差、若い世代はネガティブ印象《国際男性デー・九州4紙アンケート》

 2022/11/19 06:00
 「九州男児」という言葉は消え去るのか、それとも受け継がれていくのか。南日本新聞(鹿児島市)、宮崎日日新聞(宮崎市)、熊本日日新聞(熊本市)、西日本新聞(福岡市)の九州4紙によるアンケートでは、言葉へのイメージ、受け止め方に男女や年齢による差が見られた。賛否寄せられたさまざまな意見をもとに、ジェンダー平等の意識が広がる令和の時代に求められる「男性像」を考える。19日は「国際男性デー」。

 アンケートでは「九州男児」のイメージを10点満点で聞いた。評価が高いほど高得点で、回答者全体で見ると女性の最多は「0点」(17.0%)。男性は「8点」(20.2%)が最多で、男女差が浮き彫りになった。

 男女とも中間点の「5点」は、15%台でほぼ同じ。女性は「4点以下」が約6割を占め、逆に男性は約6割が「6点以上」だった。「10点」は女性3.3%に対し、男性14.2%。女性で最多だった「0点」は、男性6.2%だった。

 年代別では、高得点の8~10点は50歳以上が30.6%に対し、50歳未満は14.9%。評価が低い0~2点は50歳以上16.4%、50歳未満37.4%。鹿児島県内の回答者も同様の傾向が見られ、50歳以上は「九州男児」の言葉に好印象を抱いている人がやや多いが、若い世代はネガティブな印象で捉えている様子がうかがえる。

 県内の回答を男女別に見ると、0~2点は男性8.3%、女性20.9%。県外分を含めた女性全体は34.1%だったのと比べ13.2ポイント低かった。県内分の男性の平均は6.4点、女性は4.5点。
 引き継がれていくべきかの問いには、鹿児島の回答者は「あまり思わない」「思わない」が約5割、「そう思う」「ややそう思う」が約4割となった。

 その理由については否定派は「時代遅れで恥ずかしい」(20代女性)、「威張る時代じゃない」(60代男性)。一方、肯定派からは「いい意味での男らしさは残ってほしい」(60代女性)、「言葉の響きが好き」(60代女性)などの声が寄せられた。

◆上智大・三浦まり教授(ジェンダー、政治)に聞いた

 予想よりも男女差や年代差が大きく、興味深い結果だ。「九州男児」という言葉のイメージについて、女性は「亭主関白」「男尊女卑」などが目立ち、圧倒的にネガティブ。「一本気」「勇ましい」といったポジティブな要素もあるものは男性に多く選ばれた。

 イメージが引き継がれていくべきか、についても若い女性ほど否定的、高齢な男性ほど肯定的。若い人ほどジェンダー平等志向が強い現れだろう。九州外の人が抱くイメージもネガティブで、イメージ先行型の言葉であることもうかがえる。

 普段、この言葉を聞くのは「うちの夫は九州男児だから…」といったパートナーの不満。3月に公表した「都道府県版ジェンダー・ギャップ指数」の中で、夫の家事・育児時間は福岡が全国最下位だった。九州は低い順位の県が多かった。とは言え、時間で見ると九州の男性だけが際立って少ないわけではない。全国的にどんぐりの背比べ。ただ、こうしたステレオタイプの言葉があると、「やっぱり九州男児だからね」という風に理解や納得のために使われ、強化・再生産される。

 言葉はジェンダー役割を強化し維持することにもつながる。だからこそ、アンケートでも女性は反発した。男性にとっても、自分が「九州男児のイメージと合わない」といった葛藤や疑念に苦しむことがあるかも。どの言葉が生き残り、廃れるかは現実が変化することで変わっていく。私たちが取捨選択もできる。

 「九州男児」とは、強い男性像のイメージで軍事的な背景から作られ、上り調子の日本を象徴するような言葉だったのではないか。昭和っぽい現実があったから生き残ってきたが、共働きが普通となって刷新が求められている令和の時代となり、生き残れなさそうな状況。今、この言葉は揺れている。

 ジェンダーロール(性別役割)が変わるスピードは速く、男性のケア力はますます必要となる。亭主関白なんて現実にはどんどん少なくなり、若い人にとっては絶滅危惧種。「九州男児」という言葉の遺産をポジティブに刷新して生かしていくのか、時代の流れとともに博物館送りとなって使われなくなるのか、転換期だろう。

【略歴】みうら・まり 1967年東京都生まれ。カリフォルニア大学バークリー校でPh.D.(政治学博士)取得。2010年から現職。21年にフランス国家功労賞シュバリエ受章。専門はジェンダーと政治、福祉国家論。

上智大・三浦まり教授
上智大・三浦まり教授
〔こちら#373〕最新ニュース 5 件
 鹿児島県内の普通科高校で長年続く“朝課外”に、高校生から疑問の声が「こちら373」に寄せられた。「任意のはずが強制され…
11月27日 08:30

 「九州男児」は、いつ、どんな経緯で使われるようになったのか。専門家は「はっきりとは分からない」とするが、それぞれの見解…
11月19日 15:00

 19日の「国際男性デー」に合わせ、南日本新聞(鹿児島市)、宮崎日日新聞(宮崎市)、熊本日日新聞(熊本市)、西日本新聞(…
11月19日 11:00

 ▼頑固一徹。自分が信じたものしか信じられないような人が多い(鹿児島市・自営業、29歳女性) ▼普段は静かに過ごしている…
11月19日 10:45

 「九州男児」と言えば-。19日の「国際男性デー」に合わせ、南日本新聞(鹿児島市)、宮崎日日新聞(宮崎市)、熊本日日新聞…
11月19日 06:00

LINEから情報提供

以下のボタンからLINEで友だち追加して、メッセージを送ってください。アンケートなども実施します。

フォームから情報提供

以下のボタンから専用フォームへ行き、メッセージを送ってください。

ファクスから情報提供

ファクス:099-813-5174

郵便から情報提供

〒890-8603

鹿児島市与次郎1-9-33

南日本新聞社「こちら#373」係

【おことわり】

 すべてを取材できるわけではありません。公共性に乏しいと思われるケース、裁判で係争中の案件など、報道機関として取材するのが困難な場合もあります。ご理解ください。

 取材のために記者が返信する場合があります。取材源は秘匿しますのでご安心ください。