「九州男児」は兵士を勇気づける言葉だった? 歴史をたどり“起源”に迫る 薩摩の方言「おい、こら」にヒントも

 2022/11/19 15:00
佐賀県から日清戦争に出征した兵士の従軍日記。画面中央に「九洲男子」の文字が見える(鹿児島大学法文学部付属「鹿児島の近現代」教育研究センター蔵)
佐賀県から日清戦争に出征した兵士の従軍日記。画面中央に「九洲男子」の文字が見える(鹿児島大学法文学部付属「鹿児島の近現代」教育研究センター蔵)
 「九州男児」は、いつ、どんな経緯で使われるようになったのか。専門家は「はっきりとは分からない」とするが、それぞれの見解や資料をたどっていくと、その“起源”がうっすらと見えてきた。

 「一歩モ引(ク)ナ 此処ゾ 九洲男子ノ命ノ捨テ処」-。鹿児島大学「『鹿児島の近現代』教育研究センター」にある日清戦争(1894~95年)従軍日記の一節だ。佐賀県から出征した兵士が記した。

 丹羽謙治センター長(59)=日本近世文学=は「少なくとも、この時期に軍隊で使われていたことが分かる。九州を一つにまとめて捉える発想は明治以降に生まれた。九州男児が登場する資料では古い部類ではないか」と解説する。

 志學館大学(鹿児島市)の原口泉教授(75)=日本近世史=は、薩摩藩(鹿児島)出身者が大半を占めた邏卒(らそつ、明治初期の警察官)に着目する。

 現在は人を怒る際に使われる「おい、こら」は、元々は「ねぇ、ちょっと」を意味する薩摩の方言で、邏卒によって全国に広まった。加えて江戸時代、当時珍しかった肉食が薩摩では盛んで、他藩出身者と比べて長身の人が多かったという。「街中で『おい、こら』と声を掛ける大柄の男。きっと怖かったはず。九州という大きなくくりで認識され、現在のイメージにつながったのかも」と推測する。

 「『~男児』という言葉は、かつては九州以外にもあった」と語るのは、神奈川大学の駒走昭二教授(53)=日本語学、鹿児島市出身。19世紀末以降、日清、日露戦争の時期の雑誌には、鎌倉や奥州、東京のほか、日本、神州に「男児」が続く文言が確認できるという。「国外に出て戦う兵士を鼓舞し、勇気づける一種のアイデンティティーになった。九州男児もその一つだろう」

 では、なぜ現代社会で九州男児だけ残ったのか。駒走教授は「戦後、軍国的な言葉は使われなくなっていった。九州男児という言葉のイメージは強い、豪傑、亭主関白、男尊女卑などと一長一短あるが、九州出身者はむしろ誇らしいと認識し、使い続けたことで、自然と残った可能性がある」と話した。

「九洲男子」の文字がある従軍日記の全体。佐賀県から日清戦争に出征した兵士が記した(鹿児島大学法文学部付属「鹿児島の近現代」教育研究センター蔵)
「九洲男子」の文字がある従軍日記の全体。佐賀県から日清戦争に出征した兵士が記した(鹿児島大学法文学部付属「鹿児島の近現代」教育研究センター蔵)
〔こちら#373〕最新ニュース 5 件
 鹿児島県内の普通科高校で長年続く“朝課外”に、高校生から疑問の声が「こちら373」に寄せられた。「任意のはずが強制され…
11月27日 08:30

 「九州男児」は、いつ、どんな経緯で使われるようになったのか。専門家は「はっきりとは分からない」とするが、それぞれの見解…
11月19日 15:00

 19日の「国際男性デー」に合わせ、南日本新聞(鹿児島市)、宮崎日日新聞(宮崎市)、熊本日日新聞(熊本市)、西日本新聞(…
11月19日 11:00

 ▼頑固一徹。自分が信じたものしか信じられないような人が多い(鹿児島市・自営業、29歳女性) ▼普段は静かに過ごしている…
11月19日 10:45

 「九州男児」と言えば-。19日の「国際男性デー」に合わせ、南日本新聞(鹿児島市)、宮崎日日新聞(宮崎市)、熊本日日新聞…
11月19日 06:00

LINEから情報提供

以下のボタンからLINEで友だち追加して、メッセージを送ってください。アンケートなども実施します。

フォームから情報提供

以下のボタンから専用フォームへ行き、メッセージを送ってください。

ファクスから情報提供

ファクス:099-813-5174

郵便から情報提供

〒890-8603

鹿児島市与次郎1-9-33

南日本新聞社「こちら#373」係

【おことわり】

 すべてを取材できるわけではありません。公共性に乏しいと思われるケース、裁判で係争中の案件など、報道機関として取材するのが困難な場合もあります。ご理解ください。

 取材のために記者が返信する場合があります。取材源は秘匿しますのでご安心ください。