南日本新聞防災プロジェクト「水害に備え命を守ろう!」

 9月1日は「防災の日」。鹿児島県内は8月、記録的な豪雨に見舞われました。7月には薩摩地方北部で住宅の浸水被害が相次ぎました。河川の氾濫や土砂崩れをもたらす大雨が頻発しています。災害から身を守るには、日頃の準備が大切です。迅速に対応できるよう備えましょう。

※このページは、2021年9月1日付の南日本新聞の防災特集「水害に備え命を守ろう!」に掲載された内容を再構成したものです。

危険を感じる前に行動を
防災ルール家族で話し合おう
台風シーズン 断水、停電の備えも
車の浸水・水没に要注意
損害に対する補償は?
防災のしおり
鹿児島県ハザードマップ
■参加企業(協賛社一覧)順不同
私たちは「県土の強靭化と災害支援の強化」を力強く推進します。
「ひと・いえ・くるま」の総合保障で毎日の生活を大きくサポート
緊急時みんなに伝わるコミュニティ無線
すぺてのドライバーに安心・安全・信頼のサポートを。
ビジネス空間のトータルマネジメントと環境保全のことなら
益々元気に情報発信中!地域、防災情報ならフレンズFM762!
大切な自然と豊かな生活の共存が私たちの願いです。
企業・自治体向け備蓄・災害復旧用の商品を取り揃えています
自然災害・情報流出等のリスク対策、事業継続対策は、MICへ