H2Bロケット 写真特集

 国際宇宙ステーションに補給物資を届け続けたH2B。国産最大のロケットの初号機からラストフライトまでの打ち上げを写真で振り返ります。

【H2Bロケット】
射点に移動し、打ち上げリハーサルをする新型ロケット「H2B」の機体=2009年7月11日午前1時50分
HTVを搭載し、上昇する新型ロケット「H2B」初号機=2009年9月11日午前2時1分
HTVを搭載し、上昇する新型ロケット「H2B」初号機=2009年9月11日午前2時1分
HTVを搭載し、上昇する新型ロケット「H2B」初号機=2009年9月11日午前2時1分
HTV2号機を載せ、上昇するH2Bロケット2号機=2011年1月22日午後2時38分
HTV2号機を載せ、上昇するH2Bロケット2号機=2011年1月22日午後2時38分
HTV2号機を載せ、上昇するH2Bロケット2号機=2011年1月22日午後2時38分
こうのとり(HTV)を搭載し、上昇するH2Bロケット3号機=2012年7月21日午前11時6分
こうのとり(HTV)を搭載し、上昇するH2Bロケット3号機=2012年7月21日午前11時6分
無人宇宙船こうのとりを搭載し、上昇するH2Bロケット4号機=2013年8月4日午前4時48分
無人宇宙船こうのとりを搭載し、上昇するH2Bロケット4号機=2013年8月4日午前4時48分
無人補給機「こうのとり」を搭載し、上昇するH2Bロケット5号機=2015年8月19日午後8時51分
無人補給機「こうのとり」を搭載し、上昇するH2Bロケット5号機=2015年8月19日午後8時51分
赤い光を放ちながら桜島上空に弧を描くH2Bロケット5号機の光跡=2015年8月19日午後8時51分
まばゆい光を放ち上昇するH2Bロケット6号機=2016年12月9日午後10時26分
まばゆい光を放ち上昇するH2Bロケット6号機=2016年12月9日午後10時26分
まばゆい光を放ち上昇するH2Bロケット6号機=2016年12月9日午後10時26分
打ち上げの延期が決まり、射点にとどまるH2Bロケット7号機=2018年9月15日8時55分
「こうのとり」を搭載し上昇するH2Bロケット7号機=2018年9月23日午前2時52分
「こうのとり」を搭載し上昇するH2Bロケット7号機=2018年9月23日午前2時52分 (2)
赤い光を放ちながら開聞岳上空に弧を描くH2Bロケット7号機の光跡=2018年9月23日午前2時52分
打ち上げに向け射点に移動するH2Bロケット8号機=2019年9月10日午後2時52分
打ち上げ台座の火災で打ち上げが延期されたH2Bロケット8号機。エンジン下付近に赤い炎が見える=2019年9月11日午前3時13分
打ち上げ台座の火災で消火作業が続けられるH2Bロケット8号機=2019年9月11日午前5時半
「こうのとり」を搭載し上昇するH2Bロケット8号機=2019年9月25日午前1時5分
「こうのとり」を搭載し上昇するH2Bロケット8号機=2019年9月25日午前1時5分
鹿児島湾を赤く染め、桜島上空に弧を描くH2Bロケット8号機の光跡=2019年9月25日午前1時5分
こうのとり9号機を載せ上昇するH2Bロケット9号機=2020年5月21日午前2時31分、南種子町平山
まばゆい光を放ち、開聞岳上空に弧を描くH2Bロケット9号機の光跡=2020年5月21日午前2時31分から6分間露光、南九州市頴娃町別府
桜島を巻き込むように流れるH2Bロケット9号機の光跡=2020年5月21日午前2時31分から6分間露光、鹿児島市吉野町

■ H2Bロケット初号機打ち上げ成功 2009年9月11日

写真のご購入は「373写真館Shop」で♪

 写真販売サイト「373写真館Shop」で『H2Bロケット 写真特集』掲載の写真をご購入いただけます。プロのカメラマンが撮影した写真は格別! 記念や贈り物にご活用ください。