虫歯対策のフッ化物洗口 幼児~学齢期で「完全実施」県内初 さつま

(2018/12/23 22:00)
教員の指示に合わせ、顔を傾けてフッ化物洗口をする生徒=さつま町の宮之城中学校
 さつま町立の4中学校は本年度、生徒の虫歯対策に「フッ化物洗口(せんこう)」を導入した。町では14ある幼稚園・保育園と9小学校でも行っており、幼児、学齢期を通した「完全実施」は県内初という。
 フッ化ナトリウムを含む液でうがいをするフッ化物洗口は、歯のエナメル質を保護し、定期的に行うことで虫歯予防に効果があるとされる。
(記事全文は24日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)