熊本地震 Uターン直撃 変更・払い戻し 駅混雑 鹿児島県内

(2019/01/04 13:00)
熊本で発生した地震で新幹線の運転が見合わせとなり、払い戻しの帰省客らで混雑するJR鹿児島中央駅改札口=鹿児島市
 熊本で3日夕に発生した最大震度6弱の地震は、年末年始を帰省先で過ごした人たちの足を直撃した。Uターンラッシュのピークを迎えた九州新幹線は博多-熊本間で運転が見合わせとなり、乗客は「いつ動き出すのか」「早く帰りたい」と不安を募らせた。
 鹿児島中央発新大阪行き「さくら570号」は、出水駅で1時間40分にわたり足止めとなり、熊本止まりに変更された。出水駅では家族や同僚らに連絡したり、払い戻しを受けたりする乗客の姿が見られた。
 一方、九州自動車道も午後8時40分まで一部が上下線とも通行止めとなり、高速バス「さくらじま号」の福岡発4便が運休し、鹿児島発も条件付きで運行した。
(記事全文は4日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)