奄美で「紬の日のつどい」 島唄ライブや大島紬姿のパレード

(2019/01/06 13:00)
大島紬姿で街を練り歩く参加者=5日、奄美市名瀬
 大島紬に親しんでもらおうと、奄美市名瀬で5日、「紬の日のつどい」(市など主催)があった。大島紬姿の市民が島唄ライブや小物作りを楽しみ、約100人で商店街を練り歩いた。
 1978(昭和53)年に旧名瀬市が1月5日を「紬の日」に制定してから毎年開いている。雨のせいか参加者は例年より少なかったが、紬姿の知り合いをカメラに収めようと、多くの人がアーケードで待ち構えた。
(記事全文は6日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)