回って回って福招く 山川・浜児ケ水集落で新年行事・サンコンメ

(2019/01/08 06:30)
無病息災などを願い、竹筒を勢いよく回す担ぎ手=指宿市山川浜児ケ水
 指宿市山川の浜児ケ水集落で7日、新年の伝統行事「サンコンメ」があった。中学生や消防団員が小銭を詰めた竹筒を担いで回り、一年の家内安全や豊作などを願った。
 数え年15歳のニセ入り儀式として古くから伝わってきた。長さ2メートルの竹筒や、担ぎ手がかぶる竹製のかさには「無病息災」などと書かれた半紙が張られる。
 大勢の見物客が「回れ、回れ」と声を掛ける中、担ぎ手は何度も回転。最後に竹筒を勢いよく地面にたたきつけると、割れて小銭が飛び散った。5カ所で6本が割られ、児童らが一斉に群がり小銭を拾い集めた。大人にはお神酒やキビナゴ入りなますが振る舞われた。
(記事全文は8日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)