鹿児島市照国神社で七草祝い 晴れ着やはかま姿で手作りがゆ喜ぶ

(2019/01/07 23:55)
七草祝いの式で手を合わせる晴れ着姿の子どもたち=鹿児島市の照国神社
 無病息災を願い、数えで7歳になる子どもが神社にお参りする「七草祝い」の7日、鹿児島市の照国神社はピンク、水色など色鮮やかな晴れ着やはかま姿の子でにぎわった。平成最後の七草に、新1年生で新たな元号を迎える子どもたちが元気いっぱい集まった。
 子どもらは、拝殿で神主の祝詞に耳を傾け、手を合わせた。敬神婦人会が手作りした七草がゆを「おめでとう」と手渡しすると、「ありがとう」と笑顔で受け取った。
(記事全文は8日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)