志望校 合格祈る 受験シーズン本格化 鹿児島市・梅ケ渕観音

(2019/01/29 23:00)
絵馬が並ぶお堂で合格を祈願する親子=鹿児島市伊敷町の梅ケ渕観音院
 「志望校に合格できますように」-。願いを込めた2000枚以上の絵馬が、お堂の壁一面を覆う。本格的な入試シーズンに入り、鹿児島市伊敷町の梅ケ渕観音院は連日、受験生やその家族らでにぎわっている。
 29日は中学受験を控えた子どもと母親や、孫の合格を祈る祖父母らが一人、また一人と訪れた。同観音院によると、参拝客は昨年の大学入試センター試験受け付けごろから増え始めた。試験当日、受験生を会場まで送り、その足でお参りに来る保護者も多いという。
(記事全文は30日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)