男女2列で手踊り、旧正月祝う 奄美・笠利 節田マンカイ

(2019/02/06 20:25)
にぎやかに踊る住民たち=奄美市笠利の節田生活館
 旧暦1月1日に当たる5日夜、奄美市笠利の節田(せった)集落に伝わる正月行事「節田マンカイ」が、節田生活館であった。男女が2列に向かい合って座り、唄を歌いながら手踊りする伝統の遊びで新たな年を祝った。
 マンカイは「招く」の意味があり、福を招くような手の振りで三味線とチヂン(太鼓)の音に合わせて踊る。幼児から高齢者まで多くの人が集い、にぎやかな時間を過ごした。そろいのかすり姿で踊った東かの子さん(61)と浜地ハルヨさん(61)は「毎年心待ちにしている。楽しく踊れた」と笑顔で語った。
(記事全文は7日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)