外国人客 九州、初の500万人突破 クルーズ苦戦、LCC好調

(2019/02/08 13:00)
南日本新聞ニュース
 九州運輸局は7日、2018年に九州を訪れた外国人客が初めて500万人を突破したと発表した。12月の速報値段階(クルーズ客を除く通常入国のみ)で501万8497人となり、過去最高だった17年の494万人を上回った。
 3月以降にクルーズ客が減ったものの、鹿児島や宮崎などでの格安航空会社(LCC)の新規就航や増便を背景に通常入国が増えた。
(記事全文は8日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)