「大綱引き」と「弥五郎どん」国選択無形民俗文化財に

(2019/02/08 22:00)
熱気あふれる「薩摩川内の大綱引き」=薩摩川内市西向田町
 国の文化審議会(佐藤信会長)は8日、「薩摩川内の大綱引き」(薩摩川内市)と「岩川の弥五郎どん」(曽於市)を、記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財に選択するよう文化庁長官に答申した。
 答申が認められれば、鹿児島県内の国選択無形民俗文化財は通算24件となる。
大勢の見物人が見守る中、浜下りする「岩川の弥五郎どん」=曽於市大隅の岩川八幡神社
(記事全文は9日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)