鹿児島県当初予算案 一般会計2%増8273億円 子育て、農業・観光に重点

(2019/02/09 00:00)
 鹿児島県は8日、2019年度当初予算案を発表した。一般会計の総額は18年度当初比2.0%増の8273億7300万円で、2年連続のプラス。三反園訓知事が重点施策に掲げる子育て支援、高齢者の生きがい対策に過去最高の627億円を投じ、産業振興では農業、観光に重点配分した。19日開会の県議会3月定例会に提案する。
 国が3カ年で進める「国土強靱(きょうじん)化」対策に伴う公共事業費増がプラス要因となった。
(記事全文は9日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)