有意義な合宿に J1・松本山雅キャンプイン 鹿児島市

(2019/02/11 23:00)
鹿児島市の松永範芳副市長から、鹿児島黒牛肉20キロのパネルを受け取る反町康治監督(中央)=鹿児島市のウェルビューかごしま
 鹿児島市で10日からキャンプに入るサッカーJ1・松本山雅FCの歓迎式が、ウェルビューかごしまであり、選手やスタッフら約50人が参加した。キャンプは県立サッカー・ラグビー場で16日まで。
 松本山雅は昨季J2で初優勝し、4年ぶりにJ1復帰した。激励品としてチームには市や市議会、県から鹿児島黒牛肉35キロ、桜島大根10キロ、鹿児島黒豚肉50キロ、県産カンパチ2匹などが贈呈。かごりん12台も近場の移動用に貸与された。
(記事全文は11日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)