復活の「求名どんぐり市」にぎわう 稲富神社一帯に1000人 さつま

(2019/02/12 22:45)
チンドンショーに沸く境内=さつま町求名の稲富神社
 さつま町求名の稲富神社一帯で10日、「求名どんぐり市」があった。近年途絶えていた初市、暮れ市を復活させようと有志が開き、町内外から家族連れら約千人が訪れた。
 求名小学校の保護者らでつくる「求名きばいもんそ会」(26人)が企画した。境内や近くの通りには出店が並び、大鍋で約250食用意した芋煮には列ができた。神社の愛称「どんぐり神社」にちなんだ手作りゲーム盤も登場。子どもたちはドングリの実を転がし、落ちた穴ごとの点数で景品をもらっていた。
ドングリの実を転がすゲームで遊ぶ子どもたち=さつま町求名の稲富神社
(記事全文は13日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)