鹿屋に新たな文化を 舞踊やバレエ、詩吟コラボ 17日、20団体が共演

(2019/03/11 20:30)
稽古に励む出演者=鹿屋市文化会館
 鹿屋市に新たな文化の風を巻き起こせ-。「温故知新」と銘打ったイベントが、17日午後2時から市文化会館で開かれる。舞踊やダンス、音楽活動に取り組むグループが、ジャンルと世代を超えて共演し、斬新なステージを繰り広げる。
 出演は約20団体総勢約100人。前半は、昨年末に上演した市民公募による創作市民歌舞劇「西郷どんと大久保どん」の五つの場面を再現する。本公演では舞踊やバレエ、詩吟の共演など目先を変えたステージが人気を集め、再演を希望する市民の声に応えた。
 市教育委員会主催。2000円(高校生以下半額)。市文化会館=0994(44)5115
(記事全文は12日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)