2018年 奄美来訪最多67万8000人 スカイマーク鹿児島線効果

(2019/03/12 06:30)
南日本新聞ニュース
 鹿児島県は11日、2018年に奄美群島を訪れた人(入域客)が67万8121人だったと発表した。17年より9.5%増え、3年連続で過去最高を更新した。スカイマークの鹿児島-奄美線が8月に就航し、鹿児島からの入域客が37万6728人と8.5%伸びた。
 格安航空会社(LCC)バニラ・エアの関西空港-奄美線の17年3月就航で、関西地域からも7.9%増え、8万4369人だった。関東は3.7%増の10万3135人、福岡2.5%増の2万2289人、沖縄0.4%減の7万218人。このほか、名瀬港に台湾から大型クルーズ船が9回寄港し、1万7238人が訪れた。
(記事全文は12日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)