山形屋案内係 春の新制服 伊佐市出身2人のブランド採用

(2019/03/12 13:00)
シルエットと色使いが優しい印象の新しい制服=鹿児島市の山形屋
 山形屋(鹿児島市)は案内係の春の制服を12年ぶりに一新した。伊佐市出身の川野季春さん、中村展子さんのアパレルブランド「クォンタイズ」(福岡市)を初めて採用し、5日から着用している。夏服に替わる4月下旬まで、優しげな装いで来館者を出迎える。
 アイボリーとサーモンピンクで春の明るい雰囲気を演出し、ジャケットの襟や裾、スカートに曲線を多く使い柔らかい印象となった。汚れやしわが付きにくいポリエステル製。
(記事全文は12日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)