海外バイヤーが茶産地体験 加工施設見学や試飲 鹿児島市など

(2019/03/12 22:00)
かごしま茶の味や香りを確認する海外バイヤー=鹿児島市の県茶市場
 かごしま茶を海外に売り込もうと、アメリカやシンガポールのバイヤーら約40人を招いた産地視察や交流会が12日、鹿児島市で始まった。参加者は香ばしい匂いが漂う工場を訪ねたり、試飲したりして理解を深めた。
 鹿児島市の輸出業者・鹿児島茶輸出研究所が、農林水産省の茶輸出特別支援事業を活用して企画した。同市のJAかごしま茶業では、海外で人気を集めている抹茶の加工施設を見学し、熱心に質問する参加者もいた。
(記事全文は13日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)