高千穂峰が雪化粧 鹿児島県本土で2月並みの寒さ

(2019/03/13 23:00)
山頂付近が雪化粧した高千穂峰=鹿児島市与次郎1丁目
 九州南部は13日、寒気の影響で気温が下がった。最高気温は伊佐市大口の10.7度など、県本土の各地で2月上旬から下旬並みの寒さに。霧島連山の高千穂峰には雪が積もり、白く薄化粧しているのが鹿児島市街地から見えた。
 鹿児島地方気象台によると、午前中、一時的に西高東低の冬型気圧配置が強まり、上空の気温が大幅に低下。山地では雪が降りやすくなっていた。
(記事全文は14日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)