幻想的な光、堤体彩る 22日、鶴田ダムで「デジタル掛け軸」公開

(2019/03/22 06:30)
鶴田ダムを彩る「デジタル掛け軸」=さつま町神子
 さつま町の鶴田ダムで22日、ダムをスクリーンに見立てて映像を投影する「デジタル掛け軸」が公開される。21日夜、試写があり、幻想的な光に彩られた堤体が浮かび上がった。
 映像作家の長谷川章さん(71)が、国内外の観光地などで手掛けるアート作品。約30台のプロジェクターからデジタル画像が映し出され、万華鏡のように刻々と表情を変えた。22日の公開は午後6時40分~9時。ダム周辺の町道沿いに臨時駐車場を3カ所設ける。無料。同社=0995(24)4631
(記事全文は22日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)