東郷義務教育校が開校 小中一貫、鹿県内3校目

(2019/04/08 23:00)
真新しい校旗を持つ三戸瀬智校長(右)ら=薩摩川内市東郷町斧渕
 小中一貫の東郷学園義務教育学校(薩摩川内市東郷町斧渕)で8日、開校式があった。住民や児童生徒らが出席し、新校の門出を祝った。新入生を含めた児童生徒は440人で、1~9年間の連続した教育課程で学ぶ。義務教育学校は県内で3校目。
 冒頭、岩切秀雄市長が開校を宣言。校旗を受け取った三戸瀬智校長(54)は「教職員、児童生徒、PTA、地域が一体となり、課題に果敢に挑戦し、1年1年実績を積み上げたい」とあいさつした。
(記事全文は9日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)