「2020」車両で国体PR 霧島市を巡回、機運盛り上げ

(2019/04/10 15:00)
出発する鹿児島国体PR車両=霧島市役所前
 2020年の鹿児島国体と全国障害者スポーツ大会をPRする車両が9日、霧島市内で走り始めた。地元のホンダカーズ鹿児島北が市実行委員会に無償貸与する5台をはじめ、乗用車とバイク計410台が大会の機運を盛り上げる。
 ホンダは、ステップワゴンなど3車種を大会終了まで提供する。車体に大会ロゴや霧島温泉大使のアヒル隊長をあしらい、ナンバーは全て「2020」。市職員が利用する。
(記事全文は10日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)