「田の神戻し」幸せ祈り踊り披露 薩摩川内市藺牟田

(2019/04/11 13:00)
豊作を祈り田の神さあの周りで踊る青年たち=薩摩川内市祁答院町藺牟田
 薩摩川内市祁答院町藺牟田の伝統行事「田の神戻し」が10日、麓、中原両地区であった。小雨の中、すすで顔を黒く塗った田の神の「分身」の踊り子たちが踊りを披露し、五穀豊穣(ほうじょう)と子孫繁栄を祈った。
 本来は新婚家庭で1年間過ごし別の家に引っ越す習わしが、若い世帯が減り有志の家で預かるようになった。麓地区では、化粧直しした田の神が踊り子たちに担がれ、農業長野敏さん(75)宅から会社員石橋博文さん(60)宅に引っ越した。
(記事全文は11日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)