オクラサブレ販売開始 仏料理シェフがレシピ 指宿市の3福祉施設

(2019/04/11 20:05)
指宿マーが販売する「オクラと米粉のサブレ」
 指宿市内の三つの障害者就労継続支援事業所が、フランス料理シェフのレシピで地元特産オクラのサブレを作り、同市内の道の駅などで売り始めた。
 事業所は、東方の指宿マーチ、新西方のきずな、開聞十町のワークショップみんなの家。地元食材を使った健康づくりを進める市が、指宿商業高校出身でパリ、大阪でフランス料理店を営む黒岩功シェフにレシピ作りを依頼。オクラのパウダーと米粉を使ったサブレの作り方を、昨年、黒岩さんが事業所担当者に直接教えた。
 販売場所は次の通り。
 指宿マーチ 山川ヘルシーランド、竹元病院売店、施設内
 きずな えぷろんはうす池田、農産物販売所「おふくろの里」
 みんなの家 道の駅指宿・山川・喜入、コミュニティカフェきいれ、池田湖パラダイス、ランチバイキング&雑貨「じゃりんこ」
(記事全文は12日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)