枕崎ライオンズクラブ、防犯カメラ寄贈

(2019/04/13 21:30)
枕崎市の前田祝成市長(左から4人目)に防犯カメラの目録を手渡す枕崎ライオンズクラブの野村和弘会長=同市役所
 枕崎市の枕崎ライオンズクラブ(野村和弘会長、40人)は9日、街頭に設置する防犯カメラ14台と関連機材を同市に寄贈した。
 クラブの55周年記念事業の一つ。防犯や事故抑止に役立ててもらおうと、地元から要望があった防犯カメラの寄贈を決めた。市場価格で約400万円に相当し、クラブで取り付けまで担う。既に枕崎駅に2カ所設置した。残りは市内の公道に設置する予定。
(記事全文は14日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)