棟方作品、独自の視点で ヤマザキマリさん解説 鹿児島市

(2019/04/16 13:00)
棟方作品について独自の視点で解説するヤマザキマリさん=鹿児島市のかごしま県民交流センター
 「棟方志功展~世界への序章 富山・福光時代~」(南日本新聞社、鹿児島市立美術館主催、光学堂特別協賛)の開催を記念した講演会が14日、鹿児島市のかごしま県民交流センターであった。棟方のファンで、漫画「テルマエ・ロマエ」などの著者のヤマザキマリさんが、ユニークな視点で棟方作品を解説し、集まった約400人が聞き入った。
 ヤマザキさんは棟方の青森の実家や、疎開先の富山で暮らした家などを訪れたエピソードを紹介した。
(記事全文は16日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)