マンゴーにとろける笑顔 児童ら特産フルーツ学習会 大崎

(2019/04/26 13:00)
マンゴーを試食する大崎小学校の児童=大崎町永吉
 大崎町永吉で25日、地元の小学生を対象にしたマンゴーとパッションフルーツの学習会があった。児童らは栽培中のハウスを見学し生産農家から話を聞いたほか、試食で地元の味を堪能した。
 地域の特産のフルーツに関心を高めてもらおうと、JAそお鹿児島果樹部会が開催。大崎小学校の3年生約60人が参加し、ハウス内を見学した後、早速、マンゴーを試食。嶽野太我君は「口に入れた瞬間にとろけて、おいしかった」と満足げ。加藤凜夢君も「ミカンみたいな味がした」と笑顔だった。
(記事全文は26日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)