九州FG社長に笠原肥後銀行頭取 上村氏は取締役へ

(2019/04/25 22:00)
社長交代を発表する九州フィナンシャルグループの上村基宏社長(右)と笠原慶久次期社長=熊本市中央区のKFG本社
 鹿児島銀行と肥後銀行を傘下に持つ九州フィナンシャルグループ(KFG)は25日、熊本市で取締役会を開き、鹿銀の松山澄寛副頭取(63)と肥後銀の笠原慶久頭取(57)がそれぞれ会長、社長に就任する人事を内定した。上村基宏社長(66)=鹿銀頭取、甲斐隆博会長(68)=肥後銀会長=は代表権のない取締役となる。6月21日の定時株主総会で正式決定する。
 KFGは2015年10月に設立。本社を熊本市、本店を鹿児島市に置き、発足時から両行の頭取が会長と社長を務めてきた。第2次中期経営計画に入った18年度、肥後銀では笠原氏が頭取就任。鹿銀も今年3月に松山氏の頭取昇格を内定しており、両行新トップにかじ取りを任せる。
(記事全文は26日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)