高卒内定率99.7%、平成で最高 18年度鹿児島県内

(2019/04/25 23:00)
 鹿児島労働局は25日、県内新卒者の2018年度就職内定率(19年3月末現在)を公表した。高校生は県内外合わせて99.7%で、平成に入り最高となった。一方、県内就職率は52.2%で、前年度を2.3ポイント下回った。
 大学生の就職内定率は前年度比0.5ポイント減の96.5%。短大生は同0.1ポイント減の98.7%で、平成以降2番目の高水準だった。
(記事全文は26日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)