川内原発再稼働否定的52% 8年連続半数以上 南日本新聞世論調査

(2019/05/06 06:30)
 九州電力川内原発(薩摩川内市)が2015年に再稼働したことについて、南日本新聞社が鹿児島県内を対象に実施した電話世論調査で、「よくなかった」「どちらかといえばよくなかった」と答えた人の合計は52.4%(前年比2.4ポイント増)だった。「よかった」「どちらかといえばよかった」は39.2%(同4.5ポイント減)。再稼働の質問を始めた12年以降、否定的な意見が8年連続半数以上を占めた。
 川内原発は東京電力福島第1原発事故を踏まえた新規制基準の施行後、全国で最初に再稼働した。九電は今年4月、原発の安定稼働などを理由に電気料金を値下げしたが、原発に対する世論は依然厳しいことがうかがえる。
(記事全文は6日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)