新茶まつり 令和も香り味良し 12日までアミュ広場

(2019/05/11 23:00)
新茶を買い求める来場者=鹿児島市のアミュ広場 
 鹿児島の新茶をPRする「令和新茶まつり」(県茶業会議所、南日本新聞社主催)が11日、鹿児島市のJR鹿児島中央駅アミュ広場で始まった。県内の13社・団体が出店。来場者は各店をはしごし、新茶の爽やかな香りや甘みを楽しんだ。12日まで。
 「平成新茶まつり」として始まり、22回目となった今年から名称を令和に変更した。茶と菓子が100円で楽しめる人気の「百円茶屋」では、「お湯の温度は70度ぐらいがいい」などおいしい入れ方の紹介もあった。
(記事全文は12日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)