「いぶたま」100万人祝い指宿駅でセレモニー 指宿市

(2019/05/13 13:00)
観光特急「指宿のたまて箱」の乗客を笑顔で出迎えるフラダンサーら=指宿市のJR指宿駅
 JR指宿枕崎線の観光特急「指宿のたまて箱」乗車100万人の記念イベントが12日、指宿市の指宿駅であった。ホームで100人がフラダンスを踊って列車を出迎えるなどお祝いムードに包まれた。
 2011年の運行開始後、平均乗車率は約80%で推移し、8年で達成した。セレモニーでは、一日駅長の柳田小学校3年姫野はるねさん(8)が出発を合図。観光関係者や住民が手旗を振るなどして列車を見送った。列車と同じ白黒カラーで玉手箱形の記念モニュメントも駅舎内に設置された。
(記事全文は13日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)