旬のニガダケ 収穫始まる 西之表・古田

(2019/05/13 22:00)
ニガダケを収穫する種子島姫竹古田生産組合の組合員=西之表市古田
 西之表市古田の竹林で13日、初夏の旬の味覚、ニガダケ(リュウキュウチク)の収穫が始まった。開始前に入山式があり組合員11人が6月末まで続く収穫期間中の安全を祈った。
 種子島のニガダケは柔らかくてあく抜きの必要がなく、てんぷらなどでおいしく食べられるという。高齢化が進む古田小学校区では、特産として島外に売り出し、地域を活気づけようと2012年に種子島姫竹古田生産組合を設立した。
 価格は1キロ当たり1200円。問い合わせは組合事務局(浜島商店)=0997(23)8912
(記事全文は14日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)