「鹿児島ロケット」エンジン燃焼試験 内之浦観測所

(2019/05/15 13:00)
最終段階のエンジン燃焼試験の準備をする関係者=肝付町の内之浦宇宙空間観測所
 鹿児島大学や第一工業大学、民間企業が共同開発中の小型ロケット「鹿児島ロケット」のエンジン燃焼試験が14日、肝付町の内之浦宇宙空間観測所で始まった。16日まで。初日は基礎データの取得が目的で、予定通り正常に燃焼した。
 プロジェクトは2016年度から始まり、今年9月以降の打ち上げを目指している。
(記事全文は15日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)