金生町アーケード、格子状デザイン決定 鹿児島市

(2019/05/15 06:30)
選定したデザインを発表する天文館電車通りジョイントアーケード整備実行委員会の有馬勝正委員長=鹿児島市中町
 鹿児島市金生町の山形屋と、2020年春開業予定の鹿児島銀行新本店ビル前の電車通りに架けるアーケードのデザインが決まった。公募4案のうち、格子状の骨格にフラットな屋根を置いた案で、実施設計を経て10月着工、来年3月の完成を目指す。
 天文館電車通りジョイントアーケード整備実行委員会(有馬勝正委員長)が14日発表した。採用デザインのテーマは「未来の背景をつくる」で、エムズ・デザイン工房(小松原1丁目)と中村建築事務所(武1丁目)の共同企業体が手掛けた。
(記事全文は15日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)