浜川兄妹が全国制覇 津軽三味線発祥の地で念願かなう

(2019/05/15 22:00)
津軽三味線全日本金木大会で、きょうだいそろって優勝した浜川凛音さん(右)と愛奈さん=鹿児島市桜島赤生原町
 津軽三味線発祥地とされる青森県五所川原市で4、5日開かれた第31回津軽三味線全日本金木(かなぎ)大会で、鹿児島市の桜島中学校3年生浜川凛音(りんと)さんと、桜洲小学校6年の妹・愛奈さんが優勝した。ともに5歳から三味線に打ち込む2人が、念願の「きょうだいそろって全国制覇」をかなえた。
 凛音さんは2016年に小学生以下の部を制し、昨年は中高生の部で頂点に立った。今回一般B級(習得年数5年以上60歳以下)に上げて最年少優勝。愛奈さんは昨年準優勝から一歩階段を上った。「全国で初めて勝てた」と喜びもひとしおだ。
(記事全文は16日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)