「ホタル舟」運航スタート 幻想的な眺め楽しむ さつま・川内川

(2019/05/16 13:00)
舟の上から飛び交うホタルを楽しむ乗客=さつま町二渡
 川内川の初夏の風物詩「ホタル舟」の運航が15日、さつま町二渡(ふたわたり)地区で始まった。町内外から家族連れが訪れ、船の上から水面に映る光に見入っていた。
 町内では二渡と上流の神子(こうし)地区でホタル舟を運航しており、九州ではさつま町だけという。二渡は6月2日まで、神子は5月16日~6月1日の予定だが、予約は満席が続いている。
(記事全文は16日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)