通学路の安全守れ 違反233件摘発 鹿児島県警一斉取り締まり

(2019/05/17 00:10)
反射材とチラシの入った袋を配り交通事故防止を呼び掛ける街頭キャンペーンの参加者=鹿児島市東千石町
 通学路で児童生徒が事故に巻き込まれるのを防ごうと、鹿児島県警は16日朝、県内73路線で交通違反の一斉取り締まりをした。春の全国交通安全運動の一環。大津市の保育園児死亡事故を受け「子どもの安全な通行」を念頭に、通行禁止違反や最高速度違反など233件を摘発した。
 県警によると、通行禁止違反141件が最多で、シートベルト装着義務違反24件、最高速度違反23件が続いた。通行区分違反や横断歩行者妨害もあった。
(記事全文は17日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)