子ども食堂と弁護士タッグ 法律無料相談でも支援へ 鹿児島

(2019/05/16 23:44)
子ども食堂利用者の法律相談に関する協定を結ぶ関係者=鹿児島市
 鹿児島県内の「子ども食堂」の運営者らでつくる団体「かごしまこども食堂・地域食堂ネットワーク」と、弁護士法人グレイス(鹿児島市)は16日、法律無料相談などに関する協定を締結した。子どもの貧困問題に対し、食事だけでなく、法律面でも支援する動きが出てきた。ネットワークによると、団体初の取り組みで、全国でも珍しいという。
 16日は鹿児島市で調印式があった。当面、運営者が食堂利用者に弁護士を紹介する形を取る。利用者は無償(1回30分以内)で相談でき、運営者は公的書類作りのアドバイスを受けることができる。
(記事全文は17日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)