よりみちクルーズ15万人、運航8年で達成 鹿児島市の桜島フェリー

(2019/05/21 06:30)
15万人目の乗船客となった下薗昭一さん(左から2人目)と妻和子さん(同3人目)=鹿児島市の鹿児島港桜島フェリーターミナル
 鹿児島市船舶局の桜島フェリー「よりみちクルーズ」の乗船客が20日、2587回目の運航で15万人に達した。本港新町の鹿児島港桜島フェリーターミナルで記念式典があり、東京都在住の下薗昭一さん(84)に15万人目の認定証や記念品が贈られた。
 よりみちクルーズは2011年3月10日、九州新幹線全線開業に合わせて運航を始めた。毎日午前11時10分に鹿児島港を出港、神瀬周辺や大正溶岩原沖などを約50分間巡り、桜島港に着く。
(記事全文は21日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)