伊佐、川内川使い2年ぶり田植え 水質改善で取水再開

(2019/05/23 22:30)
川内川の水を張った田んぼに植えられる苗=伊佐市菱刈川北
 川内川の水質が改善し、稲作用の取水を再開した伊佐市で、田植えが始まった。昨年はカラカラに乾いていた田んぼに水が張られ、田植え機が往復すると青い苗がきれいに並んだ。川内川を使った作付けは2年ぶり。
 市によると、今期の主食用米の作付けは2560ヘクタールを予定し、中止した昨期より500ヘクタールほど増える見込み。田植えは6月いっぱい続く。
(記事全文は24日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)